名前は一生の宝物|歴史ある占い「姓名判断」が無料でできる!?

占いグッズ

名前は一生の宝物

水晶玉

昔は女の子には「子」の付いた名前が人気だったことは周知の事実だと思います。戦後間もない昭和20年代は幸子や恵子といった名前が人気でした。一方男の子は勝や進、豊といった文字が人気でした。 しかし高度経済成長期に入ると女の子では美という漢字が人気になり、子の付いた名前だけでなく美の付いた名前も多くなります。男の子も勝などは見られなくなり誠、直樹などが増えてきます。 バブルの頃から女の子では子が消え、男の子では大や翔といった漢字が使われ始めます。 そして最近では女の子では結、男の子では翔という漢字が人気です。男女ともに人気があるのは陽という漢字です。 人気の文字や漢字は時代とともに変わっていきますが、子供を想って付けているということは変わりありません。 子供が幸せな一生を送れますようにという親の願いはいつの時代も同じです。

やはり今から産まれてくる子供には今どきの名前をつけたいと思うものだと思います。 名づけが原因で子供に苦労させたり悲しい思いをさせては意味がありません。人気ランキング上位のものを安易に付けてしまうと、集団生活に入ったときに同じ名前の子が多いこともあります。 人気の文字を使いつつも一工夫を加えて誰とも同じにならない、たった一つの素敵な名前にできます。 画数や響きなどで悩み、名づけ本や名づけサイトを見たりしても行き詰ることがあります。そんなときは、昔の名づけランキングや自分の同級生を思い出してみるのも良いかもしれません。 ただ、オリジナルにこだわりすぎて読みにくい漢字や名前になると子供が苦労することになるので注意が必要です。 親が一生懸命想いを込めて付けてくれた名前は子供にとっても一生の宝物です。 一人ひとりが胸を張って名乗ってくれることでしょう。